PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
amazon
amazon3
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで (JUGEMレビュー »)
村林 和子
アンティーックぽいモチーフで、
おもしろいし、きれい。
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    親父伝説
    0
      先日からのバナナ酢で妹と話をしていた時にあがった、思い出話なんだけど。

      数年前、まだ父が健在だった頃。
      私が健康に良いと何かで知った黒酢を、父にプレゼントした事があった。
      父はよく酒を飲むほうだったが、何気に健康食品に興味を持っていたりしていた。
      養命酒を飲んでいたり、クロレラを飲んでいたりとか。

      幼い頃には、家に漢方薬がそのまま瓶入りしている、お酒なのか液体なのか、
      得体の知れないものがあった。
      ←ものすごくグロテスクな漢方薬で、今思うと理科室の標本みたいニョロ

      その液体を大事そうにすくって、飲んでいたり。たまに、中の漢方薬を切って
      食べたりしていた。←それ、食って大丈夫具なの?! 見ていて気持ち悪かった。
      だって、見てたら幼い私に父親が「おまえも食べるか?」って、勧めるんだもん。


      あれから十数年、今度は私が父に何か体に良いものをとあげたのが、黒酢
      だった。

      で、あげてから父も何気に黒酢が気に入ったみたいで、よく飲んでいるようで、
      自分でも2本目、3本目と買ってきては飲んでいた。

      ある日、仕事から帰ってきたら父親がちょうど黒酢を飲もうとしている所に
      出くわして、おいしそうに飲んでる父親を見て、私も興味がわいてきた。
      親父は黒酢を緑茶で割って飲んでいて、湯飲みに入れて作っているところだった。

      そんなにおいしいなら、私も一口飲ましてほしいと思い、

         私「ねー、私があげた黒酢どう?イヒヒ
         父「おー、お前がくれたこれいいぞうニコニコ。お前がくれた後、
           もうすぐになくなったから自分でいろんなメーカーの買ってきては、
           飲んでんだ。今は、これモグモグ。お前も飲むか?ほれラッキー
         私「えー、いいのパクッ。やったー、じゃ一口ちょうだいね」

      と、一口飲んだ。が、「うっ怒り」もの凄く酸っぱくて、もろに酢で、
      緑茶で割ってるはずなのに、緑茶のニオイも味もなく、危険な味がした唖然

      横で見ていた妹は、爆笑。転げ回って笑ってる。怒りマーク

      親父に、「何これ!、すごく酸っぱいよ!こんなの飲んで大丈夫なの?」と
      聞いたら、親父は平然とした顔で「そんなに酸っぱいか?うまいぞパクッ」と
      全部飲み干した。

      黒酢の親父の緑茶ブレンドの割合を聞いたら、9:1だと言っていたが、
      普通なら9:1と聞いて思うのは、がお茶、が黒酢だろうけど、親父の割合は
      逆のが黒酢で、1がお茶だったのだ!!

      どおりで、黒酢の減るペースが速かった訳だ・・・困惑

      コイツ(親父)の味覚は、絶対におかしいニョロと私はこの時確信した。

      今でも、この時の話は私と妹の間では爆笑ネタの一つで、親父伝説として残って
      いる。
      posted by: テルル | 我が父 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:10 | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://gannmann.jugem.jp/trackback/69
        トラックバック