PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
amazon
amazon3
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで (JUGEMレビュー »)
村林 和子
アンティーックぽいモチーフで、
おもしろいし、きれい。
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    二日目
    0
       気が付くと、もう10月になって3日目になってる。
      世の中では、クリスマスとか通り越して、おせち料理の注文の話とかになってる(+o+)

      私はというと、9月のアタマら辺に建築業経理士の試験があったので、
      とりあえずはそこに向けて勉強、そして、試験受けるという流れ。

      もうそろそろ、マジで仕事しようと思うけど、一歩が進まず…

      経理を希望してしているけど、経験が浅くて、自分でも自信がなくて、自己アピールが
      足りない。
      なので、少しでも自分に自信付けたくて、日商簿記2級も取ったし、ビジネス会計3級も
      勉強して取った。
      あと、特殊な業種でも行けるように、建築業経理士2級取って、あれだったらって事で、
      勢いづいて1級の取得に思い立った。9月に受けたのは原価計算。3つの内の1つ。


      10月1日に内科の受診日だったので、免疫抑制剤を使ってのステロイド剤の減量も
      調子よくいっていると思われるので、先生にもそう話した。
      けど、一点あるとしたら、脱毛がすごい。
      体調的には、特に変化があるわけではないので、それで良しとしたのだけど。
      別段快調になるわけでもないし、出る症状は今までと大差ないので、自分でいいと
      思ってる。
      けど、脱毛だけは、凄すぎて、ちょっと気が滅入る。

      お風呂場の排水溝の掃除をする時、思わず溜まった髪の毛の塊を見て、昔見た
      ホラー映画のワンシーンを思い出した。
      髪の毛を乾かし終わった時の洗面台の抜けた髪の量。トータル、どんだけ抜けてんだ。
      (-_-;)

      本当だったら、順調にいっているので、ステロイド剤を減らすのだけど、今回は
      ステロイドはそのままで、免疫抑制剤の減量になった。

      2日から減量の量の服用なので、今日で2日目。
      まだ抜け具合は変わらないのだけど、どれぐらいで体が慣れるのかな?

      今回の薬の量で調子がそのままで、脱毛が治まったら年内にでも、仕事見つけて
      働きたい。

      とりあえず、仕事見つけるまでは、犬の散歩とか軽い運動で体力を付けつつ、
      建設業経理士の試験勉強とPC系の資格が18年にCS検定を取ったきりだから、
      新しく取り直そうと思って、今回はどこの派遣会社でも認識のあるMOSならいいと
      思って、さらに18年では2003でEXCELとWORDを取ってるから、2010で
      とればまた勉強にもなっていいだろうと、テキストとりあえず注文した。


      友達は、向上心が高すぎるとか、生き急いでるとか言ってくれるけど、正直、
      私には子供がいないし、働いている訳でもなく、ただただ病気の悪化をびくびくして
      過ごしているだけ。
      でも、気持ちを病気からそらすには、家に一人でいる状態では、モチベーションを
      キープするのは、何かしてないと難しいのだよね。
      posted by: テルル | 膠原病 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:10 | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://gannmann.jugem.jp/trackback/198
        トラックバック