PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
amazon
amazon3
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで (JUGEMレビュー »)
村林 和子
アンティーックぽいモチーフで、
おもしろいし、きれい。
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ビューティフルマインド見た
    0
      実は、この映画を見ようと思った理由が母にある。
      母は、私が物心付く頃からすでに精神分裂症(今は統合失調症)
      であったんだと最近になって分かってきたことにある。
      なんで今頃と思うかもしれないけど、家族でしかも幼い頃から
      だと、あれが(症状の出ている行動などが)普通なんだって
      思ってしまっているところもあるし、特に私の場合は父にも
      問題があったから、自分のさらに自分達兄弟の事でそれぞれ
      精一杯だった。
      だから、こんなに時間がかかってしまったのもある。
      この映画は、統合失調症のことをネットで調べていた時に、
      あるサイトで紹介されていた映画だ。
      統合失調症の事をほんの少しでも知るには、入りやすいかも
      しれない。

      ビューティフル・マインド
      ビューティフル・マインド

      内容
      プリンストン大学の数学科に在籍している数学の天才ナッシュ
      (ラッセル・クロウ)は、念願のマサチューセッツ大の研究所で
      働くことに。
      ところが彼のもとに諜報員バーチャーがやってきて、雑誌に
      隠されたソ連の暗号解読を依頼する。彼は承諾するが、
      そのことがやがて、彼の精神を侵していくことに…。
      実在の数学者の伝記をもとにロン・ハワード監督が映画化、
      数学者の半生をつづったもの。

      感想
      この映画の主人公ナッシュは、統合失調症になってしまう。
      幻聴だけではなく、この人の場合は幻覚で実在し得ない者が
      現実として見えてしまっている。
      この症状が実際どれ位の重症度なのかは、素人には
      わからないけれど、私の母も幻聴で聴こえる声を実在のもの
      として受け・答えしている状態。
      時には、その声に対して怒鳴りちらしてみたり・・・している。
      ただ、この映画は実在する人の伝記で、本人とその家族が
      苦しみ悲しみ、もどかしさなどを乗り越えていくところなどが、
      とても感動的だった。
      病気の恐ろしさや苦しさ、人の可能性、家族の愛情、いろいろ
      混ざり合った内容で、考えさせられるところがあった。
      posted by: テルル | 我が母 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:49 | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://gannmann.jugem.jp/trackback/142
        トラックバック