PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
amazon
amazon3
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで
やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで (JUGEMレビュー »)
村林 和子
アンティーックぽいモチーフで、
おもしろいし、きれい。
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    なんだかショック(-_-;)
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
      うちの母は、統合失調症だ。

      私が物心ついた時から、すでにあの状態・・・

      私が小学生・中学生の頃、特にひどかったけど、歳をとるに従って、
      症状は少し落ち着いたような感じだった。

      私が膠原病になり、入院や通院をするようになってから、ようやく
      母も病院に無理やりにでも受けさせようと決意して、連れて行った。

      それから、妹と二人で相談しながら母親の通院をしてきて、母にも
      薬の服用を促してきて、結構調子良かったのに、ここに来て崩れた。

      去年の暮れぐらいから、私も調子悪かったからなかなか実家に
      行くのがおっくうになっていて、さぼってた。

      妹が母と同居してるから、 連れて行ってくれるかなって思っていたけど、
      連れて行ってないし、本人が行きたがらないから連れて行けないとか
      言われて、クゥ(*_*)ってなってしまっていた。

      2月20日に妹が母親と病院に行って以来、病院に行っていなかった
      ので、きつかったけど、無理して実家に行った。

      母親は、薬を飲んでおらず、完全に前の状態に戻ってた・・・(-_-;)

      しかも、同居してる妹も限界で、妹の状態も悪化してるし、
      ホント正直あ〜ぁって感じ。

      病院の先生に母親を診てもらったら、
      『これは、結構悪いねぇ〜』って、難しい顔された。

      母親の場合、治療に取り組んだのがすでに発病して30年経った時点
      だったので、治るのは難しい状態。
      入院させたとしても、良くなるのは望めないって先生に言われたし。

      正直、落ち込む内容だった。

      一昨日の診察から、薬を替えたんだけど、ちょっと強すぎる気がする。
      ものすごく眠くて、電話で話す母親はどよ〜んっとしたしゃべり方。
      ちょっと、大丈夫なのかなって思うのだけど。

      まぁ、もう少し様子を見て、先生に相談してみよう。
      posted by: テルル | 我が母 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      わが家の母はビョーキです
      0
        評価:
        中村 ユキ
        サンマーク出版
        ¥ 1,260
        (2008-11-18)
        コメント:この本は統合失調症をわかりやすく、結構そのままをマンガで描かれているので、初めて『統合失調症』って言葉を聞く人には、わかりやすいと思います。

        JUGEMテーマ:日記・一般

        たまたま見たこの本。

        なんとこの本の『母』の病気は、うちの母と同じ 統合失調症 。

        本人が取る行動は、個人差があるので、うちの母は暴れたりは
        しなかったけど、基本的な症状はこの本に描かれている通りです。

        統合失調症って、どんなん?って興味を持たれた方は、
        一度読んでみてください。
        posted by: テルル | 我が母 | 08:49 | comments(1) | trackbacks(1) | - |
        ビューティフルマインド見た
        0
          実は、この映画を見ようと思った理由が母にある。
          母は、私が物心付く頃からすでに精神分裂症(今は統合失調症)
          であったんだと最近になって分かってきたことにある。
          なんで今頃と思うかもしれないけど、家族でしかも幼い頃から
          だと、あれが(症状の出ている行動などが)普通なんだって
          思ってしまっているところもあるし、特に私の場合は父にも
          問題があったから、自分のさらに自分達兄弟の事でそれぞれ
          精一杯だった。
          だから、こんなに時間がかかってしまったのもある。
          この映画は、統合失調症のことをネットで調べていた時に、
          あるサイトで紹介されていた映画だ。
          統合失調症の事をほんの少しでも知るには、入りやすいかも
          しれない。

          ビューティフル・マインド
          ビューティフル・マインド

          内容
          プリンストン大学の数学科に在籍している数学の天才ナッシュ
          (ラッセル・クロウ)は、念願のマサチューセッツ大の研究所で
          働くことに。
          ところが彼のもとに諜報員バーチャーがやってきて、雑誌に
          隠されたソ連の暗号解読を依頼する。彼は承諾するが、
          そのことがやがて、彼の精神を侵していくことに…。
          実在の数学者の伝記をもとにロン・ハワード監督が映画化、
          数学者の半生をつづったもの。

          感想
          この映画の主人公ナッシュは、統合失調症になってしまう。
          幻聴だけではなく、この人の場合は幻覚で実在し得ない者が
          現実として見えてしまっている。
          この症状が実際どれ位の重症度なのかは、素人には
          わからないけれど、私の母も幻聴で聴こえる声を実在のもの
          として受け・答えしている状態。
          時には、その声に対して怒鳴りちらしてみたり・・・している。
          ただ、この映画は実在する人の伝記で、本人とその家族が
          苦しみ悲しみ、もどかしさなどを乗り越えていくところなどが、
          とても感動的だった。
          病気の恐ろしさや苦しさ、人の可能性、家族の愛情、いろいろ
          混ざり合った内容で、考えさせられるところがあった。
          posted by: テルル | 我が母 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          0
            火曜に母が我が家に遊びにきた。
            その際に、いつも手土産は要らないと言っているのに、何かしら持参してくるの
            だけど。今回も、何やら買い物袋をぶら下げてきた。

            スーパーで買える物は、こっちでも買えるんだけどなーっと思いながら、
            とりあえず受け取る。
            今回持って来たのは、大量のナスとさつまいも。
            二人とも嫌いなスイカの2分の1個。
            つぶれた桃。そして梅。

            毎回、どうしたものかと思うけど、母からしたら何か持って行ってあげたいという
            気持ちだけが強いのだろうと、とりあえず理解してる。
            普通の人なら、相手の気持ちだったり好みだったり、何かしら考慮してってのが
            あるのだろうけど、母はそうはいかない。そういったところが欠落しているから、
            まぁ、しょうがない。
            続きを読む >>
            posted by: テルル | 我が母 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(3) | - |
            母親の付き添い
            0
              昨日は、二週間おきに通院する事になった、母親の外来に付き添う為に実家へ
              行った。

              まだ、車で約2時間かけて実家に行くのはシンドイので、電車とバスで行った。
              最近、疲れやすくなったし、何より髪の毛の抜ける量が半端じゃないような気が・・・
              私、このまま禿げてしまうのではないかと心配になるのと、また病状がぶり返して
              いるのではと、気になる・・・でも、考えない様にしてる。

              母親は、健康診断などをほとんど受けていない様な状態だったから、まずは
              受けて今の現状を把握するところから始めなくてはいけなくて。
              でも、幸いやっと一歩を踏み出す事が出来て、検査を受けさせ結果を聞く事も
              出来た。

              現状としては、やっぱりと言うか中性脂肪値がかなり高いのと、糖尿病。そして、
              先生に状態を話すと、やはり精神分裂症だった。
              まぁ、私達兄弟が幼い頃の母親に比べたら、今は比べものにならないぐらい、
              安定はしているけど、これから先は老いていく過程での病気だって出てこないとは
              限らないし。普通の人でも、痴呆症になるのだから。
              続きを読む >>
              posted by: テルル | 我が母 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              昨日もお出かけ
              0
                昨日は、退院以来久しぶりに実家に行った。
                もちろん、車での移動は無理なので、電車とバスと乗り継いで出かけたけど、
                体中の筋肉痛で動くのが辛かった。

                一昨日は、犬の狂犬病予防接種の日だったけど、手芸店のセールだったから
                ちょっと出かけて、図書館にも寄りたかったから、帰りが時間ぎりぎりで、
                結局公民館まで猛ダッシュで走った。マジ、キツかった。

                これで、病気が悪化してもおかしくないぐらい、疲れてたけど、これを逃した
                らー!!ってのがあって、久しぶりに走ってしまった。
                続きを読む >>
                posted by: テルル | 我が母 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                電話恐怖症
                0
                  母は、私が幼い頃からどこか行動におかしなところが多々あった。

                  まだ、私しかいない頃よく父親が休みの日になると、私を自転車の後ろに
                  乗せて、公園やら遊び場とかに連れて行ってくれていた。

                  最初の頃は、一緒に行こうよって母も誘っていたが、自分は家にいる
                  と言って、一緒に出かけた事はない。だから、いつもメンバーは2人。

                  だから、目的地に着いたり、今から帰るって時に家に電話するんだけど、
                  いつもかならず電話が繋がらず、話中の ツーツーツー状態。
                  電話の受話器を母が、わざと外して電話がならないようにしていたのだポロリ
                  続きを読む >>
                  posted by: テルル | 我が母 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  枕元にヘルメット
                  0
                    一昨日の地震以来、会う人会う人でやっぱり地震が話題に上がる。
                    無理も無いけどねーノーノー。 だって、恐いもん。

                    私も実家に電話かけた時には、地震の話した。
                    母親も久しぶりの地震に不安そうだった。
                    こっちよりも少し大きく揺れたみたいで、震度2と3の違いはあきらかに違う、
                    だから、しょうがないムニョムニョ

                    だけど、去年の地震の後もそうだったけど、地震から一週間以上もほとんど
                    家の中でヘルメットをかぶって過ごしていた母。

                    寝るときもかぶったまま寝てて、
                    「ヘルメットかぶったままだと、寝にくいから眠れないのよねーポッ
                    と言っていたのを思い出した。
                    だから聞いてみたら、やっぱりヘルメットを用意してた・・・たらーっ

                    続きを読む >>
                    posted by: テルル | 我が母 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |